花心(読み)カシン

デジタル大辞泉の解説

か‐しん〔クワ‐〕【花心】

花蕊(かずい)」に同じ。

はな‐ごころ【花心】

《すぐに散ってしまうところから》移りやすい心。あだ心。浮気心。
「―におはする宮なれば」〈宿木
華やかな心。
「ひらく連中(いちざ)の―、若やぐ春の一趣向」〈人・恵の花・自序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしん【花心】

花蕊かずい」に同じ。

はなごころ【花心】

花の持つ心。花を咲かせようとする心。 「三千年みちとせに咲く-の、折り知る春のかざしとかや/謡曲・西王母」
はなやかな心。浮き浮きした心。 「ひらく連中いちざの-、若やぐ春の一趣向/人情本・恵の花」
風流心。 「庭風俗に知れる亭主の-/青簾」
〔花の散りやすいところから〕 移りやすい心。 「 -におはする宮なれば/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花心の関連情報