花心(読み)はなごころ

精選版 日本国語大辞典「花心」の解説

はな‐ごころ【花心】

〘名〙
① (は、咲いてすぐに散ってしまうところから) 移りやすい心。うわき。
※元良親王集(943頃か)「うぐひすといかでかなかぬふりたててはなこころなるきみをこふとて」
② 花の持っている心。花を咲かせようとする心。転じて、人間のはなやかな心。陽気な心。
※斎宮女御集(985頃か)「へだてけるけしきをみればやまぶきの花こころともいひつべきかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「花心」の解説

はな‐ごころ【花心】

《すぐに散ってしまうところから》移りやすい心。あだ心。浮気心。
「―におはする宮なれば」〈・宿木〉
華やかな心。
「ひらく連中いちざの―、若やぐ春の一趣向」〈人・恵の花・自序〉

か‐しん〔クワ‐〕【花心】

花蕊かずい」に同じ。
[類語]しべ花蕊かずい雌蕊めしべ雄蕊おしべ雌花雄花子房柱頭花粉受粉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「花心」の解説

【花心】かしん

しべ。

字通「花」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android