コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻通/虎刺 アリドオシ

デジタル大辞泉の解説

あり‐どおし〔‐どほし〕【×蟻通/虎刺】

アカネ科の常緑小低木。山地の樹陰に生え、高さ30~60センチ。細い枝が変化した1~2センチの針が多数ある。初夏、白い漏斗(ろうと)状の花をつける。実は丸く、赤く熟す。
[補説]曲名別項。→蟻通

ありどおし【蟻通】[謡曲]

謡曲。四番目・準脇能物世阿弥作で、貫之(つらゆき)集などに取材。紀貫之蟻通明神乗馬のまま通行して神の怒りに触れるが、和歌の徳により許される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありどおし【蟻通】

能の一。四番目物。田楽の古作を世阿弥が改作。蟻通明神の神域をおかしたため、旅の途上で難儀にあった紀貫之が歌を詠進して明神の怒りをとく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟻通
ありどおし

能の曲目。四番目物。五流現行曲。『申楽談儀(さるがくだんぎ)』にも記載のある世阿弥(ぜあみ)の作。ワキは紀貫之(きのつらゆき)。大雨のため蟻通明神の神前とも知らず下馬しなかったために、急に馬が倒れ伏す。老いた神官(シテ)が登場し、この神が物咎(ものとが)めすることを語り、神慮を鎮めるための詠歌を勧める。「雨雲のたち重なれる夜半(よは)なれば有りと星(蟻通)とも思ふべきかは」と詠じた和歌の徳に神の怒りは解け、神官は神楽(かぐら)を捧(ささ)げ、自分が神の化身であることを告げて消える。暗夜の神域の厳しく清澄な雰囲気を描く能で、同じく歌人の西行(さいぎょう)をワキとし、月の清夜の風雅を主題とした『雨月』とは対照的な曲である。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蟻通 (アリドオシ)

学名:Damnacanthus indicus
植物。アカネ科の常緑小低木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蟻通/虎刺の関連キーワード大阪府泉佐野市長滝無沙汰・不沙汰森口 奈良吉能現行曲一覧丹生川上神社姥捨山伝説森口奈良吉増田正造謹上再拝蟻通神社清しめ無沙汰物咎め謡曲祝詞改作古作神域田楽雨月