コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑損控除 ざっそんこうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑損控除
ざっそんこうじょ

所得税法で所得を計算するときに控除する所得控除の一つ。納税義務者またはその者と生計を一にする配偶者その他の親族の有する資産について,災害または盗難もしくは横領による損失を受けた場合,損失の合計額が,5万円以内の場合と5万円をこえる場合とに分けて納税義務者のその年分の所得金額から控除できる規定がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざっそん‐こうじょ〔‐コウヂヨ〕【雑損控除】

災害・盗難・横領によって資産に損害が生じた場合などに適用される所得控除。→雑損失

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざっそんこうじょ【雑損控除】

所得控除の一。生活に通常必要な資産の災害・盗難などに係る損失金・支出金を控除すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雑損控除の関連キーワード確定申告(所得税の)確定申告年末調整災害と税所得税

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android