コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雛菊 ヒナギク

デジタル大辞泉の解説

ひな‐ぎく【×雛菊】

キク科の多年草。群生し、葉はへら形。春、高さ約10センチの花茎を伸ばし、淡紅・紫紅・白色などの頭状花を開き、秋ごろまで咲く。ヨーロッパ西部の原産で、観賞用。延命菊。延齢客(えんれいかく)。デージー 春》「小さき鉢に取りて―鮮(あざや)かに/温亭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひなぎく【雛菊】

キク科の多年草。ヨーロッパ原産。葉はへら形。春、高さ約10センチメートルの花茎が出、紅色・淡紅色・白色などの頭花を単生する。園芸品種には重弁のものが多い。延命菊。デージー。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雛菊 (ヒナギク)

学名:Bellis perennis
植物。キク科の多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

雛菊の関連キーワードブルーデージールーマニーユ重弁頭花

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雛菊の関連情報