コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残菊 ザンギク

デジタル大辞泉の解説

ざん‐ぎく【残菊】

重陽の節句を過ぎたあとの。また、晩・初冬まで咲き残っている菊の花。残る菊。 秋》「―や昨日逃げにし酒の礼/太祇

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんぎく【残菊】

重陽ちようよう(陰暦九月九日)を過ぎて咲いている菊。秋の終わりまで咲き残った菊。残りの菊。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

残菊の関連キーワード水谷 八重子(1代目)春日井 梅鶯(1代目)尾上 菊之助(2代目)水谷 八重子(初代)春日井 梅鶯(初代)喜多村 緑郎花柳 章太郎大森 盛太郎高松 錦之助三木 滋人島村 利正巌谷 槇一島村 盛助広津 柳浪村松 梢風溝口 健二花柳章太郎依田 義賢大庭秀雄残菊の宴

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残菊の関連情報