雛霰(読み)ヒナアラレ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ひなあられ【雛霰】

和菓子の一種。もち米を蒸して乾燥させたものをいってふくらませ、さまざまな色に着色した砂糖みつをかけたもの。3月3日の桃の節句に供える。◇関西では、丸く小粒で、しょうゆ味・塩味・えび・のり・チョコレートがけなどの(餅(もち)から作る一般的な)あられを数種取り混ぜたものを用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひなあられ【雛霰】

雛祭りに供えるあられ。米粒を加熱してふくらませ、紅・白・青・黄などの砂糖蜜をまぶしたもの。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひな‐あられ【雛霰】

〘名〙 三月三日の節供に雛人形に供えるあられ。米粒に赤白の砂糖蜜をまぶし、加熱してふくらましたもの。《・春》
※六百五十句(1955)〈高浜虚子〉昭和二一年「雛あられ染める染粉は町で買ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android