コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難平 ナンピン

デジタル大辞泉の解説

なん‐ぴん【難平】

《「ぴん(平)」は唐音で、ならす意》
取引で、損失を平均化すること。買ったあとに相場が下落しても買い増して買値の平均を下げておき、逆に売ったあとに相場が騰貴したら売り増して売値の平均を上げておくことによって、損失を回復しようとすること。「難平買い」
《見通しもなく1をして大損をする意から》愚かなこと。また、その人。
「我が身知らずの―なり」〈浮・一代女・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

難平【なんぴん】

市場用語。難は損失の意。損失を平均化して最小限にくいとめる方法。すでに買い付けた銘柄が値下がりした場合,安値で追加買いをして平均買値を下げることを難平買下がりといい,難平売上がりはこの逆の場合をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ワイジェイFX用語集の解説

難平

買いポジションの時に値段が下がった場合に、さらに買いポジションを増やし買いの平均値段を下げる売買方法の事、
若しくは、売りポジションの時に値段が上がった場合に、さらに売りポジションを増やし売りの平均値段を上げる売買方法の事を言います。一方向に動き続けると大きな損失を被る危険性もあります。

出典|ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について | 情報

FX用語集の解説

難平

(特に評価損の出ている)ポジションの平均コストを下げるために、同一銘柄のポジションを加えることをいいます。

出典|(株)外為どっとコムFX用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんぴん【難平】

〔「ぴん」は唐音。「難(=損)」を均ならす意〕
取引で、思惑に反した相場の変動によって損が生じた場合、買い増しまたは売り増しして損失を平均化し、回復しようとすること。 「 -買い」 「 -売り」 → 損切り
を資金の裏付けや見通しなく行なって大損をすることから〕 身の程知らず。愚か者。 「我が身知らずの-なり/浮世草子・一代女 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

難平の関連情報