雨夜の月(読み)うやのつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨夜の月
うやのつき

山田流箏曲の曲名。奥歌曲。1世中能島松声作曲。作詞者不詳。『太平記』巻二の「俊基朝臣再関東下向事」を原拠とする。鎌倉幕府討伐を目指した正中の変に参画した日野俊基が,いったんは証拠不十分として釈放されたものの,再び捕えられて関東に送られていく道中を描く。道行に従って深くなる俊基の悲壮感・絶望感が,『古今和歌集』『新古今和歌集』などを引いた名文にのせて歌われている。平家琵琶を思わせる前弾き,一中節や河東節風の旋律の多用,細かい歌い分け,緩急の変化などの工夫に富む。三弦は低二上りから,三下り,本調子。箏は半岩戸調子から雲井調子に転調。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あまよのつき【雨夜の月】

雨の降る夜の月。あっても見えないものにたとえる。 「影見えぬ君は-なれや/詞花 恋上

うやのつき【雨夜の月】

山田流箏曲。初代中能島検校作曲の道行物。鎌倉方に捕らえられた藤原俊基卿の東下りを綴った「太平記」巻二から採られている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまよ【雨夜】 の 月(つき)

(雨降りのの月の意で)
① あっても、目には見えないたとえ。また、想像だけで、実現しないことのたとえ。
※詞花(1151頃)恋上・二〇七「影見えぬ君はあまよのつきなれや出でても人に知られざりけり〈覚雅〉」
② 雨のために見ることのできない中秋の名月。雨の月。《・秋》

うやのつき【雨夜の月】

箏曲。山田流奥許(おくゆるし)物。明治中期に、初世中能島松声作曲。歌詞は、「太平記」の藤原俊基朝臣東下りの一節。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android