コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨師 ウシ

デジタル大辞泉の解説

う‐し【雨師】

雨をつかさどる
「―道を清め、風伯塵を払ふ」〈太平記・一一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うし【雨師 Yǔ shī】

古代中国で雨をつかさどる雨神をいう。歴代王朝は雨師廟をまつってきた。古書に〈屛翳(へいえい)〉〈玄冥〉などの雨師の名が見える。〈畢宿(ひつしゆく)〉という星が雨を降らすとも信じられた。《山海経(せんがいきよう)》に見える黄帝と蚩尤(しゆう)の戦争の神話に風,雷,雨,干ばつの神々が登場するが,黄帝の命を受けて参戦する〈応竜〉という翼のある竜は雨をつかさどる神である。竜王は古来雨神とされ,農民の雨乞いの対象となってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うし【雨師】

雨の神。雨をつかさどる神。 「 -道を清め、風伯塵を払ふ/太平記 11

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雨師の関連キーワード馮夷(ふうい)丹生川上神社画像石赤松子風神五礼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨師の関連情報