コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲ノ平 くものたいら

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕雲ノ平(くものたいら)


富山県南東端、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の中央部にある溶岩台地。標高約2500~2600m。奥ノ平とも。黒部(くろべ)川の源流部に位置し、三方を黒部五郎(ごろう)岳・三俣蓮華(みつまたれんげ)岳・黒(くろ)岳に囲まれる。ハイマツのなかに多くの池塘(ちとう)や湿原岩石群お花畑が点在する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くものたいら【雲ノ平】

富山県南東部,飛驒山脈中央部にある溶岩台地。標高2500~2700m。面積25万m2。祖父岳火山によって形成されたと考えられ,黒部川の最上流部に取り巻かれている。奥ノ平ともいい,加賀藩奥山廻役の地図には大中原とある。眺望もよく,ハイマツや地衣蘚苔類の中に花畑や池塘(ちとう)のほか,日本,スイス,アルプス,アラスカなどの名を冠した自然庭園が散在し,夏に訪れる登山者が多い。【藤森 勉】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲ノ平
くものたいら

富山県南東端、富山市にある高山台地。黒部(くろべ)川源流にあるトロイデ状の祖父(じい)岳火山(2825メートル)によって形成された北アルプス中央部の溶岩台地。江戸後期の加賀藩の古図に「大中原」と記せられている。雲ノ平の名称は、5万分の1地形図の測量当時の信州(長野県)側名で、別名奥ノ平という。周囲は北アルプスの中央部の黒部五郎岳、三俣蓮華(みつまたれんげ)岳、鷲羽(わしば)岳、水晶岳などに囲まれ、黒部川源流とその支流岩苔(いわごけ)小谷に境された標高2500メートル前後の台地で、数多い池塘(ちとう)、天然の岩石の配置によるいわゆる庭園と称せられるものが至る所に形成されている別天地である。高天原(たかまがはら)は岩苔小谷に沿う湿地帯で、アオモリトドマツやハイマツの間の湿原の流水の溝にはミズバショウの群落がある。湿地に臨む小高い丘に高天原山荘がある。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雲ノ平の関連キーワード中部山岳国立公園アオモリトドマツ日本の国立公園北アルプス乗鞍火山帯鷲羽岳水晶岳三方

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲ノ平の関連情報