雲ヶ畑(読み)くもがはた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲ヶ畑
くもがはた

京都市北区の一地区。旧村名。 1949年京都市に編入。賀茂川上流の雲ヶ畑川に沿う近郊山村で,平安京造営の用材を出したと伝えられ,現在も林業が行われる。岩屋山山腹の志明院は,初め天台宗,のち修験者の道場となり,多くの行場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android