上賀茂(読み)かみがも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都府南東部,京都市北区の一地区。賀茂川東岸,京都植物園の側に位置。旧村名。1918年京都市に編入北部の神宮寺山 (171m) の西麓賀茂別雷神社があり,賀茂御祖神社とともに京都御所鎮護の神をまつる。5月15日の葵祭 (賀茂祭) は,祇園祭,時代祭とともに京都三大祭の一つ。集約的な野菜園芸が行なわれ,ことにスグキナの栽培と酸茎漬の生産で知られるが,1970年頃から農地の宅地化が進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都市西部、北区の一地区。旧上賀茂村。北山山地に発する賀茂川が京都盆地に流出する谷口にあたる。平安遷都以前から賀茂氏が居住し、賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)(上賀茂社)は賀茂氏の氏神であった。神社は1994年(平成6)世界文化遺産に登録。また神社の神官の住まいが並ぶ社家(しゃけ)町は重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。古くから野菜の産地であり、漬物用のスグキナの栽培が盛んであるが、近年は急速に都市化されている。京都産業大学がある。大田神社境内の野生のカキツバタ群落は国指定天然記念物。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

京都市北区東部、鴨川の上流左岸の地名。賀茂別雷(かもわけいかずち)神社(上賀茂神社)がある。
※俳諧・此ほとり(1773)一夜四唫の巻「忍はてしのふ宵の間の月〈几董〉 上加茂の水ひややかに打わたり〈嵐山〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上賀茂の関連情報