コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲気文 ウンキモン

デジタル大辞泉の解説

うんき‐もん【雲気文】

中国で、戦国・漢時代にみられる文様空中に充満する気を表すC字形と弧線の連続した図案。流気文。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うんきもん【雲気文】

曲線で雲気をかたどった模様。中国漢代の漆器・銅器・銅鏡などに多く見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲気文
うんきもん

雲気とは雲の気配、雲霧の移動のありさまのこと。古代中国では名君や竜が現れると雲気がただよい、めでたいことがおこると瑞雲(ずいうん)(めでたい雲気)が四方にたなびくと考えられていた。漢時代の壁画や画像石に多く出てくる蕨手(わらびて)形の曲線は、こういった雲気を表す文様である。日本の古墳から出てくる鏡のなかにも、この種の雲気文をつけたものがときに見受けられる。その後、雲気文は、竜文(りゅうもん)や霊芝文(れいしもん)などさまざまなモチーフと結び付き、特異な形式を次々に生み出していった。瑞雲、俗に天平雲(てんぴょうぐも)とよばれる形式は、中国では唐時代に流行し、奈良時代に日本に入ってきた文様であるが、これにはパルメット文様の要素が一部取り入れられている。日本では平安時代以後、中国風な雲気文の使用は主として仏教美術の分野に限られ、世俗的な装飾には、霞(かすみ)とか源氏雲(げんじぐも)とかよばれている和風の雲気文が用いられた。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雲気文の言及

【蟠螭文】より

…この竜はいずれも角がはっきりしないので,若い竜という意味で螭の名をつけているが,虺竜(きりゆう)や螭竜の区別はつけにくい。この文様がやがて,玉璧にみられる穀粒文や,秦・漢時代の各種容器にみられる雲気文に変わっていったと考えられる。【杉本 憲司】。…

※「雲気文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲気文の関連キーワード満城漢墓漆絵銅鏡銅器漆器曲線雲気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android