コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲霧 ウンム

デジタル大辞泉の解説

うん‐む【雲霧】

雲と霧。
「果然山谷に満ちし―の陣破れて」〈蘆花自然と人生
心中のわだかまりをたとえていう語。
「正雄の胸の暗い―は…跡方もなく吹き払われた」〈小山内・大川端

くも‐きり【雲霧】

雲とまたは霧。うんむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うんむ【雲霧】

雲と霧。 「 -山気の中に、氷雪を踏でのぼる事八里/奥の細道」
人々の迷い。判断をくもらせるもの。 「胸裏の-を掃はんと欲すれども/花柳春話 純一郎

くもきり【雲霧】

雲と霧。雲または霧。うんむ。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雲霧の関連キーワードレユニオン島の火山峰イエンタンシャン(雁蕩山)山脈ホールトンプレーンズ国立公園チンシュイ(清水)江ナックルズ森林保護区蜃気楼 龍玉(初代)リオアビセオ国立公園振り掛け・振掛けやんばる国立公園ダリエン国立公園処女評判善悪鏡ユワン(沅)江ホワン(黄)山蜀犬日に吠ゆヒメウラボシ三瓶[温泉]深浦 加奈子マスデバリア雲霧仁左衛門ラン(蘭)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲霧の関連情報