コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲門山石窟 うんもんざんせっくつ

百科事典マイペディアの解説

雲門山石窟【うんもんざんせっくつ】

中国,山東省青州の南にある山頂の断崖に彫られた5ヵ所の仏龕(ぶつがん)。隋〜唐に作られたもので,本尊・両脇侍菩薩・仁王羅漢内壁に小仏群が彫られ,抽象性の濃い力強い表現が特色。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲門山石窟
うんもんざんせっくつ

中国、山東(さんとう/シャントン)省益都(えきと)の南東7.7キロメートルにある石窟寺院。山の中央部、山頂に近い所に洞門があり、雲が出入りするので雲門の名がある。その造営は、内部の壁間に刻まれた開皇(582~600)の年号をもつ造像記が示すように、隋(ずい)代初期に始まる。断崖(だんがい)に刻まれた巨大な「壽(じゅ)」の刻字(明(みん)代)を右にみて洞門を入り、山の南面に出ると、断崖に沿って5個の石窟が並ぶ。西端に唐碑があり、東に向かって並ぶ2窟が隋代、洞門近くの岩の上方に並ぶ3窟が唐代の窟である。第1窟の本尊座像はとくに有名だが、頭部を欠いている。山頂からの眺めはすばらしく、対峙(たいじ)する駝山(だざん)石窟の全貌(ぜんぼう)をみることができる。[吉村 怜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雲門山石窟の関連キーワード駝山石窟石窟吉村

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android