コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷撃機 らいげききtorpedo plane; torpedo bomber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷撃機
らいげきき
torpedo plane; torpedo bomber

海軍攻撃機の一種で,魚雷または爆弾を積み,艦船を攻撃する軍用機。 1912年アメリカ合衆国のフィスク少将によって開発された。第1次世界大戦中に実用化され,1915年8月に初めてイギリス軍の雷撃機がトルコの船をダーダネルス海峡で沈めた。当時は魚雷の性能が悪く,水面 10~30m付近まで降下して落とさないと魚雷が航走しなかったが,その後改良された。第2次世界大戦中は,日本,イギリス,アメリカの雷撃機が大きな役割を果たし,大艦巨砲主義の終末をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らいげき‐き【雷撃機】

魚雷を発射する装備をもつ飛行機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雷撃機【らいげきき】

敵艦船に対し魚雷を投下し攻撃する飛行機。水平爆撃にも用い,攻撃機とも称し,第2次大戦で活躍した。空対地(艦)ミサイルの発達した今日この機種は消滅したが,潜水艦ホーミング魚雷で攻撃する機種として対潜哨戒機がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

らいげきき【雷撃機】

魚雷を発射する装備をもつ飛行機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雷撃機の関連キーワードフォッケ=ウルフFw190神風特別攻撃隊ボーイング真珠湾攻撃空中魚雷艦上機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android