文献調査(読み)ぶんけんちょうさ(英語表記)literature search

図書館情報学用語辞典 第5版「文献調査」の解説

文献調査

ある特定主題に関する文献情報の調査.体系的,網羅的な調査が行われ,それに基づいて主題書誌抄録,レビュー,展望記事などの二次資料が作成されることも少なくない.文献調査は,利用者の調査研究活動の一過程として行われる.その意味で,図書館が利用者の求めに応じて行う文献調査は,調査研究活動に対する支援として位置付けられる.利用者の要求が特定分野に集まることを想定した二次資料の作成も,文献調査の中に含まれる.近年,文献量の増大,図書館に対する利用者の期待の高まりなどの要因によって,またコンピュータの活用などによって,文献調査サービスは充実する傾向にある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「文献調査」の解説

文献調査
ぶんけんちょうさ
documentary survey

社会学的研究で,文献的源泉から得たデータを記述および分析する過程。文献的源泉は,(1) 原資料としての公私諸機関の記録や日記,手紙自叙伝などの個人文書など,(2) 現地調査 (→野外調査 ) に基づいてつくられた公私諸機関の統計資料や研究者の調査報告など,(3) 引用資料としての原資料や調査資料のなかから部分的に引用転載した資料に大別することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android