コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気冶金 デンキヤキン

デジタル大辞泉の解説

でんき‐やきん【電気冶金】

電力を利用して行う金属の精錬。電気分解を利用する電解冶金と、電気抵抗に基づく発熱作用を利用する電熱冶金がある。電気精錬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電気冶金【でんきやきん】

電気エネルギーを利用する冶金全般をいい,代表的なのは電解製錬。ほかに電力を熱源とする各種の電気炉製銑製鋼,各種金属の溶解や加熱,合金フェロアロイ製造などが行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の電気冶金の言及

【冶金】より

…19世紀に入るとマグネシウム,アルミニウム,チタンなどの軽金属が登場する。1807年にH.デービーによる溶融塩電解実験で金属カリウムが得られたことに始まる電気冶金(電解製錬技術)の誕生が,この難還元化合物からの金属製錬を可能にしたのである。金属製錬への電気エネルギーの利用は電気化学という新しい学問の発展を促した。…

※「電気冶金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気冶金の関連キーワードナイアガラ・フォールズ(アメリカ合衆国)ハルダンゲルフィヨルドナイアガラ・フォールズ電気エネルギーモーイラーナーオートサボア県土橋 長兵衛宮崎 虎一大島[町]土橋長兵衛ノルウェー日本電工山科直治エルー金属学製錬