コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊魂不滅 レイコンフメツ

2件 の用語解説(霊魂不滅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいこん‐ふめつ【霊魂不滅】

肉体は滅びても、霊魂は肉体を離れて存続するという考え方

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊魂不滅
れいこんふめつ
immortality (of the soul)英語
Unsterblichkeit (der Seele)ドイツ語
immortalit (de l'me)フランス語

霊魂不滅(=不死)の概念は、インド思想、ギリシア思想、ユダヤ教キリスト教において、哲学的・宗教的に深められたが、そこには二つのタイプが存在する。第一は、霊魂は不滅である、なぜなら霊魂は本来的に神的な性質をもっているから、としてインド思想、ギリシア思想に特徴的である。第二は、霊魂は本来的に不滅ではないが、神の賜物(たまもの)によって不滅なものとされる。これはユダヤ教、キリスト教に特徴的である。
 プラトンは『パイドン』(104B~105E)において霊魂不死の論理的な証明を試みたが満足できず、『パイドロス』『国家』などでも行った。デカルトは『省察』において霊魂不滅の証明を心身の区別の証明として扱ったが、カントは『実践理性批判』において証明を断念し、実践的理性の要請とした。[加藤 武]
『プラトン著、田中美知太郎訳『プラトン 哲学(1)』(1981・岩波書店) ▽波多野精一著『時と永遠』(1943・岩波書店) ▽ジャンケレヴィッチ著、仲沢紀雄訳『死』(1978・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊魂不滅の関連キーワード無余涅槃霊魂心霊肉体肉体的肉体美肉体文学霊魂信仰死体幽体離脱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone