コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霍小玉伝 かくしょうぎょくでん Huo Xiao-yu zhuan

2件 の用語解説(霍小玉伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霍小玉伝
かくしょうぎょくでん
Huo Xiao-yu zhuan

中国,唐の伝奇小説。蒋防の作。大暦の詩人李益は長安滞在中,遊女の霍小玉と深い仲となったが,任官して郷里に帰ると母親の言うがままの結婚をする。捨てられた小玉は病に倒れ,父親の遺品の紫玉釵を手放すほど困窮し,その後義侠の士の計らいでやっと李益と再会するが,その場で男の薄情を恨みながら世を去る

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霍小玉伝
かくしょうぎょくでん

中国、唐代の伝奇小説。蒋防(しょうぼう)作。中唐期の著名な詩人で、いわゆる大暦十才子(たいれきじっさいし)の一人である李益(りえき)(748―829?)を主人公とする。李益は若いころ、落魄(らくはく)の貴婦人、霍王の娘と称する小玉と将来を誓うが、のち母親に勧められるままに従妹(いとこ)の盧氏(ろし)をめとる。やがて李益は、ある男の計らいで、傷心のあまり病床につくようになった小玉のもとを訪れるが、小玉は怨(うら)みのことばを残して息絶えた。その後李益はたいへんな焼きもち焼きになり、妻を何度かめとったが、いずれも彼の嫉妬(しっと)によって不幸な最期を遂げてしまう。この物語は、作者蒋防が、時の政界において、反対派に属していた李益を嘲笑(ちょうしょう)するためにつくったものともいわれる。[高橋 稔]
『高橋稔・西岡晴彦訳『中国の古典32 六朝・唐小説集』(1982・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霍小玉伝の関連キーワード銭起伝奇伝奇小説伝奇集カルパチアの城毒婦伝奇叛旗兵大暦の十才子伝奇新譜伝奇漫録

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone