落魄(読み)らくはく

精選版 日本国語大辞典「落魄」の解説

らく‐はく【落魄】

〘名〙
① (━する) おちぶれること。志を得ず不遇なこと。らくたく。落泊
※菅家文草(900頃)四・聞早雁寄文進士「憶汝先来南海上、夜尋旧能鳴」
※信長記(1622)一上「まことに此良夜をいかで、一詠なかるべきとて、蜂腰一首を綴て、いささか落魄(ラクハク)の御こころをぞ、なぐさみ給ひける」 〔史記‐酈生伝〕
② (形動タリ) 気持が大きく、物事に拘泥しないこと。ほしいままにふるまうこと。また、そのさま。らくたく。〔文明本節用集(室町中)〕

らく‐たく【落魄】

〘名〙 (「らくだく」とも)
① =らくはく(落魄)①〔伊京集(室町)〕
② =らくはく(落魄)②〔亀田本下学集(室町中‐末)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「落魄」の解説

らく‐はく【落×魄】

[名](スル)《「らくばく」とも》衰えて惨めになること。落ちぶれること。零落。らくたく。「落魄の身」「事業につまずき落魄する」
[類語]落ちぶれる没落零落凋落転落うらぶれる成り下がる淪落堕落末路斜陽地に落ちる成れの果て見る影もない

らく‐たく【落×魄/落託】

らくはく(落魄)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「落魄」の解説

【落魄】らくはく

おちぶれる。清・袁枚に枕する図。李開周の為に作る〕 江湖魄す、兩鬢(りゃうびん)の秋 男兒未だ報ぜず、の恩仇 中にるることを怕(をそ)る、の事 (かり)にを取りて、枕頭に當つ

字通「落」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android