コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露時雨 ツユシグレ

3件 の用語解説(露時雨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐しぐれ【露時雨】

露が一面におりて時雨にぬれたようになること。また、草木においた露が、時雨の降りかかるようにこぼれること。 秋》「父恋ふる我を包みて―/虚子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

露時雨
つゆしぐれ

時雨が通り過ぎたあとのように、あたり一面に露が降りている状態。空から降水があったわけではなく、地上の水蒸気が凝結したものである。露が降りる夜は、風が弱く晴れ上がっていることが多い。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

露時雨の関連情報