露時雨(読み)ツユシグレ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐しぐれ【露時雨】

露が一面におりて時雨にぬれたようになること。また、草木においたが、時雨の降りかかるようにこぼれること。 秋》「父恋ふる我を包みて―/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆしぐれ【露時雨】

時雨が通り過ぎたあとのように、露があたり一面におりること。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

露時雨
つゆしぐれ

時雨が通り過ぎたあとのように、あたり一面に露が降りている状態。空から降水があったわけではなく、地上の水蒸気が凝結したものである。露が降りる夜は、風が弱く晴れ上がっていることが多い。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android