コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年学級振興法 せいねんがっきゅうしんこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青年学級振興法
せいねんがっきゅうしんこうほう

昭和 28年法律 211号。勤労青年教育のための青年学級の健全な発達をはかり,国家,社会に寄与する有為な人材養成を目的に,社会教育法の精神に基づいて制定された法律。青年学級主事,国の補助,学級の開設,運営に必要な事項を定めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の青年学級振興法の言及

【青年学級】より

…1953年に成立した青年学級振興法にもとづき,勤労青年に対して実際生活に必要な職業または家事に関する知識および技能を習得させ,その一般的教養を向上させることを目的とした市町村の社会教育事業。青年学級振興法成立以前に,農村を中心に自主的な青年学級がつくられていた。…

※「青年学級振興法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

青年学級振興法の関連キーワードスチペンディウムカラカラ(Caracalla Marcus Aurelius Antoninus)過失致死傷罪セプティミウス・セウェルスゲタコマナ[カッパドキア]セウェルスアスタチン公害罪自動車運転過失致死傷罪

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android