コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年学級 せいねんがっきゅう

5件 の用語解説(青年学級の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青年学級
せいねんがっきゅう

勤労青年を対象に,一般的教養の向上,実際生活に必要な職業または家事に関する知識,技能の習得などを目的として開設される市町村社会教育事業。開設場所は市町村の公民館や学校と決められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいねん‐がっきゅう〔‐ガクキフ〕【青年学級】

第二次大戦後、勤労青少年を対象に職業や生活に必要な知識・技能の習得および一般教養の向上を目的として、市町村が開設した教育機関。青年学級振興法によって規定されていたが、平成11年(1999)の同法廃止以降は市町村が独自に運営。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青年学級【せいねんがっきゅう】

勤労青年が,知的・技術的教養向上のために,定時に地域の学校や公民館に集まって構成する学級。青年学校廃止後の空白期に山形県の青年の自主的な学習運動として始まり,青年学級振興法(1953年)によって国庫補助が規定されたが,また法制化により変質し,青年の自主性が失われる結果になった。
→関連項目成人教育

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいねんがっきゅう【青年学級】

1953年に成立した青年学級振興法にもとづき,勤労青年に対して実際生活に必要な職業または家事に関する知識および技能を習得させ,その一般的教養を向上させることを目的とした市町村の社会教育事業。青年学級振興法成立以前に,農村を中心に自主的な青年学級がつくられていた。1947年成立の学校教育法によって青年学校に代わって新制の高等学校(1948発足)ができたが,定時制分校が少なく農村の勤労青年に教育の機会を与えるには不十分であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいねんがっきゅう【青年学級】

主として勤労青年に対し、職業または家事に関する知識・技術を習得させ、一般的教養を向上させることを目的として、市町村が開設する事業。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青年学級の関連キーワード産業教育振興法青年学級振興法青年学校ワグナー法スポーツ基本法沿岸漁業等振興法離島振興法航空機工業振興法僻地教育振興法理科教育振興法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青年学級の関連情報