青年学級(読み)せいねんがっきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青年学級
せいねんがっきゅう

勤労青年を対象に,一般的教養の向上,実際生活に必要な職業または家事に関する知識,技能の習得などを目的として開設される市町村社会教育事業。開設場所は市町村の公民館や学校と決められている。第2次世界大戦後,山形県の青年による自主的な学習運動として始ったものであり,青年学級振興法 (1953) の成立により法制化された。高校進学率の上昇や都市化の進行の影響を受けて,1955年をピークに衰退に向い,現在は青年講座,青年教育などの形で存続している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいねん‐がっきゅう〔‐ガクキフ〕【青年学級】

第二次大戦後、勤労青少年を対象に職業や生活に必要な知識・技能の習得および一般教養の向上を目的として、市町村が開設した教育機関。青年学級振興法によって規定されていたが、平成11年(1999)の同法廃止以降は市町村が独自に運営。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青年学級【せいねんがっきゅう】

勤労青年が,知的・技術的教養向上のために,定時に地域の学校や公民館に集まって構成する学級。青年学校廃止後の空白期に山形県の青年の自主的な学習運動として始まり,青年学級振興法(1953年)によって国庫補助が規定されたが,また法制化により変質し,青年の自主性が失われる結果になった。1970年代には青年学級振興法にしばられない〈青年教室〉と名づけられた教育事業が盛んになった。
→関連項目成人教育

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいねんがっきゅう【青年学級】

1953年に成立した青年学級振興法にもとづき,勤労青年に対して実際生活に必要な職業または家事に関する知識および技能を習得させ,その一般的教養を向上させることを目的とした市町村の社会教育事業。青年学級振興法成立以前に,農村を中心に自主的な青年学級がつくられていた。1947年成立の学校教育法によって青年学校に代わって新制の高等学校(1948発足)ができたが,定時制分校が少なく農村の勤労青年に教育の機会を与えるには不十分であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいねんがっきゅう【青年学級】

主として勤労青年に対し、職業または家事に関する知識・技術を習得させ、一般的教養を向上させることを目的として、市町村が開設する事業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいねん‐がっきゅう ‥ガクキフ【青年学級】

〘名〙 義務教育終了後、上級学校に進まないで実務に就いた勤労青少年のために設けられた社会教育。内容は一般教育のほか、職業上の知識技能の教育が含まれている。昭和二八年(一九五三)制定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android