コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青海勘七 せいかい かんしち

2件 の用語解説(青海勘七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青海勘七 せいかい-かんしち

?-? 江戸時代前期の漆工。
元禄(げんろく)(1688-1704)のころの人。粘稠(ねんちゅう)な漆と特殊な刷毛(はけ)をもちいて波文をえがく青海波塗を考案した。その手法は,陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)の津軽塗にもとりいれられている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいかいかんしち【青海勘七】

江戸時代前期の塗師。生没年不詳。元禄年間(1688‐1704)に江戸で活躍し,青海波塗を創始。青海波塗法は絞漆(しぼうるし)を薄く塗り,生乾きの間に鋸歯状の篦(へら)や,猪毛または真鍮(しんちゆう)の刷毛(はけ)で波文を描く手法で,漆器や刀装具を塗装したが,図案としての青海波は当時流行して染物や陶器にも応用された。この塗法が有名となり,姓にもなった。後継者には,津軽塗の創始者といわれる池田源兵衛があり,この塗法を伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone