コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静かの海 しずかのうみMare Tranquillitatis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静かの海
しずかのうみ
Mare Tranquillitatis

月の赤道よりやや北にあり,東経 18°から 43°付近に広がる平坦な部分。静穏の海ともいう。海の中の台地上の平原には,マスケリン,コーシー,アラゴーなどのクレータがある。南は「豊かの海」や「神酒の海」に,北西は「晴の海」に続いている。 1964年2月アメリカのレンジャー6号,続いて 65年2月に8号がこの海に衝突,8号は 7137枚の近接写真を撮ることに成功した。 67年9月にはサーベイヤ5号が無人着陸し,岩石の化学分析などを行なった。続いて 69年7月 20日アポロ 11号の N.アームストロング船長が着陸,史上初めて月面に第1歩をしるした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しずかのうみ【静かの海】

月面上の海の名称の一。月面の中央近くにある平地。1969年、アポロ11号の月着陸船イーグルがここに軟着陸し、人類が初めて月面に立った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

静かの海の関連キーワードアポロ11号アーマルコ石アポロ計画静かの基地

静かの海の関連情報