コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電エネルギー せいでんエネルギーelectrostatic energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静電エネルギー
せいでんエネルギー
electrostatic energy

静電場のエネルギーともいう。ある電荷分布をつくるに要した静電場における仕事であるが,この電荷分布がつくる電場そのものに分散して空間にたくわえられるエネルギーとも考えられる。コンデンサ極板の電荷がゼロからある電荷量となるまでになされた全仕事量で,コンデンサの誘電体にたくわえられたエネルギーのこと。電場を E電束密度D とすれば静電エネルギーの密度は ED/2 である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静電エネルギー
せいでんえねるぎー

静電気を原因とするエネルギー。電荷と電荷の間にはクーロンの法則に従う電気力が働く。それゆえ、この電荷に物体を結び付ければ、電気力によって物を動かし仕事をすることができる。このように、電荷が集まった状態は外部に仕事をしうる状態にあり、エネルギーをもった状態である。このエネルギーを静電エネルギーという。容量Cのコンデンサーに電圧Vを与えて帯電させた場合、コンデンサーが蓄えている静電エネルギーは
  W=(1/2)CV2=(1/2)QV(ジュール)
で与えられる。静電エネルギーは、電気量とその電位から求められるが、電界(電場)そのものを用いて表すこともできる。電界E、電束密度Dがある空間は、単位体積(1立方メートル)当り
  U=(1/2)ED(ジュール/m3
で与えられる静電エネルギーを蓄えていると考える。[山口重雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

静電エネルギーの関連キーワードハイトラー‐ロンドンの理論マーデルンク定数格子エネルギー自己エネルギー古典電子半径マイクロホン単電子素子誘電分極電気容量原子核鏡映核電気盆

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android