非命(読み)ヒメイ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐めい【非命】

でなく、思いがけない災難で死ぬこと。横死。「非命に倒れる」「非命の最期」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめい【非命】

天命を全うしないこと。思いがけない災難で死ぬこと。 「竟ついに-の死をなせり/新聞雑誌 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐めい【非命】

〘名〙 天の命ずるところでないこと。特に、病死、老死に対して、災害、事故、戦いなどで不慮の死をとげること。横死。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「陛下玉体、実有仁君之相。然恐非命忽至」
※読本・忠臣水滸伝(1799‐1801)前「危哉貴客等若某今一歩おそく来らば必非命(ヒメイ)に死玉はん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android