コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靡然 ビゼン

デジタル大辞泉の解説

び‐ぜん【×靡然】

[ト・タル][文][形動タリ]草木が風になびくように、ある勢力になびき従うさま。
「一時拝西の風―として全国を吹倒せるや」〈雪嶺真善美日本人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びぜん【靡然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
なびき従うさま。特に、多くの者が同じ傾向をもったり、同じ行動をとったりするさま。 「当時の医流にして苟いやしくも気概ある者は、-として実学の風に帰せざるはなく/福翁百余話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

靡然の関連キーワード備・媚・尾・弥・微・眉・美・靡・鼻トタル拝西響応

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android