面形天蛾(読み)メンガタスズメ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

面形天蛾 (メンガタスズメ)

学名:Acherontia styx
動物。スズメガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めんがた‐すずめ【面形天蛾】

〘名〙 スズメガ科の大形のガ。はねの開張八~一一センチメートル。体は流線型で、頭胸部が黒く、胸背部に面のような模様、腹部に黒と黄色の横縞がある。前ばねは黒く、灰白色や褐色の紋、後ろばねは黄色で外側に黒帯紋がある。幼虫は緑色または褐色の芋虫型。本州以南に分布。九州、屋久島には近似のクロメンガタスズメがいる。国外では朝鮮半島、台湾、インドなどに分布する。〔日本昆虫学(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android