コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音羽次郎三郎(初代) おとわ じろさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

音羽次郎三郎(初代) おとわ-じろさぶろう

?-1732 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
はじめ若衆方として活躍し,のち立役(たちやく)となる。実事妙手で俏事(やつしごと)をかね,上方で活躍し,江戸の市村座でも演じた。自作自演の「義経一代記」など,おおくの脚本をかいた。享保(きょうほう)17年死去。初名は音羽峰之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

音羽次郎三郎(初代)の関連キーワード歌舞伎役者歌舞伎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android