コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音羽次郎三郎(初代) おとわ じろさぶろう

1件 の用語解説(音羽次郎三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

音羽次郎三郎(初代) おとわ-じろさぶろう

?-1732 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
はじめ若衆方として活躍し,のち立役(たちやく)となる。実事の妙手で俏事(やつしごと)をかね,上方で活躍し,江戸の市村座でも演じた。自作自演の「義経一代記」など,おおくの脚本をかいた。享保(きょうほう)17年死去。初名は音羽峰之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

音羽次郎三郎(初代)の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果後ろ面傾城歌三味線杉山杉風陶山訥庵

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone