コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュン

デジタル大辞泉の解説

じゅん【順】

[名・形動]
ある基準に従った、物事の配列。順序。順番。「を追って話す」
物事の行われる段取りが正当・順当であること。理にかなっていること。また、そのさま。「お年寄りには席を譲るのがだ」⇔
素直でおとなしいこと。また、そのさま。「な若者」
「女人は―を以て道とす」〈十善法語・五〉

じゅん【順】[漢字項目]

[音]ジュン(呉) [訓]したがう
学習漢字]4年
相手に付き従う。「順応(じゅんのう)帰順恭順
人に逆らわない。すなお。「温順柔順従順
筋道に従って進むこと。物事の次第。「順位順順順序順番逆順席順打順筆順
障りがない。都合がよい。「順境順調順当不順
[名のり]あや・あり・おさ・おさむ・かず・しげ・す・すなお・とし・なお・のぶ・のり・はじめ・まさ・みち・みつ・むね・もと・やす・ゆき・よし・より

ずん【順】

じゅん」の直音表記
「しか盃の―の来るを」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

じゅん

1812-1831* 江戸時代後期の女性。
文化9年生まれ。長門(ながと)(山口県)赤間関の名主中野九兵衛の娘。悪疫の流行で父母が死亡し,姉とともに母の実家に引きとられる。母方宗家の男から妻にともとめられ,婚約者への節義をまもって天保(てんぽう)元年12月10日自害。19歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅん【順】

( 名 )
物事の先であるかあとであるかの関係。 「五十音-」 「いろは-」 「先着-」
順番。順序。 → 順に
( 形動 ) [文] ナリ 
さからわないこと。おとなしいさま。 「親には-な子」
[句項目] 順を追う

ずん【順】

「じゅん」を直音表記した語。 「 -の舞」 「 -の和歌」 → じゆん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

順の関連キーワードフォワードジェネティクスプライオリティー分類順件名標目表川瀬順輔(2世)川瀬順輔(3世)カードシステムユクワンスンファイル編成ソーティングあいうえお順座並み・座並アジア一周フーシュン順行遺伝学スンチョン順天堂大学ソートキーアンシュン諸田賢順義理順義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

順の関連情報