コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュン

デジタル大辞泉の解説

じゅん【順】

[名・形動]
ある基準に従った、物事の配列。順序。順番。「を追って話す」
物事の行われる段取りが正当・順当であること。理にかなっていること。また、そのさま。「お年寄りには席を譲るのがだ」⇔
素直でおとなしいこと。また、そのさま。「な若者」
「女人は―を以て道とす」〈十善法語・五〉

じゅん【順】[漢字項目]

[音]ジュン(呉) [訓]したがう
学習漢字]4年
相手に付き従う。「順応(じゅんのう)帰順恭順
人に逆らわない。すなお。「温順柔順従順
筋道に従って進むこと。物事の次第。「順位順順順序順番逆順席順打順筆順
障りがない。都合がよい。「順境順調順当不順
[名のり]あや・あり・おさ・おさむ・かず・しげ・す・すなお・とし・なお・のぶ・のり・はじめ・まさ・みち・みつ・むね・もと・やす・ゆき・よし・より

ずん【順】

じゅん」の直音表記
「しか盃の―の来るを」〈紫式部日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

じゅん

1812-1831* 江戸時代後期の女性。
文化9年生まれ。長門(ながと)(山口県)赤間関の名主中野九兵衛の娘。悪疫の流行で父母が死亡し,姉とともに母の実家に引きとられる。母方宗家の男から妻にともとめられ,婚約者への節義をまもって天保(てんぽう)元年12月10日自害。19歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅん【順】

( 名 )
物事の先であるかあとであるかの関係。 「五十音-」 「いろは-」 「先着-」
順番。順序。 → 順に
( 形動 ) [文] ナリ 
さからわないこと。おとなしいさま。 「親には-な子」
[句項目]

ずん【順】

「じゅん」を直音表記した語。 「 -の舞」 「 -の和歌」 → じゆん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

順の関連キーワードフォワードジェネティクスアルファベット順排列プライオリティーヒットチャート座並み・座並五十音順排列ヘンなABCトップスピンあいうえお順ユクワンスン順行遺伝学フーシュン伊呂波付けアンシュンスンチョン柘植竜洲津軽順徳小堀常春諸田賢順三段構え

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

順の関連情報