コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トミ

デジタル大辞泉の解説

とみ【頓】

[名・形動ナリ]《「頓」の字音「とん」の音変化》にわかなこと。急なこと。また、そのさま。→頓(とみ)に
「―の事にて預め知らするに由なかりしが」〈鴎外舞姫
「―なる召使ひの、来あひたりつればなむ」〈かげろふ・上〉

とん【頓】[漢字項目]

常用漢字] [音]トン(呉)(漢) [訓]とみに ひたすら
頭を地面につけて礼をする。ぬかずく。「頓首
その場にとどまる。落ち着く。「整頓停頓
すぐに。即座に。急に。とみに。「頓悟頓才頓死頓知
一回。一度。「頓服

ひた‐ぶる【頓/一向】

[形動][文][ナリ]
いちずなさま。ひたすら。「―な態度」「―に思いを寄せる」
完全にその状態であるさま。
「―に煙にだになし果ててむと思ほして」〈・夕霧〉
向こう見ずなさま。また、強引で粗暴なさま。
「海賊の―ならむよりも」〈・玉鬘〉
はなはだしいさま。すこぶる。
「地獄の苦患(くげん)は―になりぬ」〈今昔・三一・二八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とみ【頓】

( 名 ・形動ナリ )
〔「頓」の字音から生じた「とに」の転〕
急なこと。にわかなこと。また、そのさま。 「しはすばかりに、-の事とて御文あり/伊勢 84」 「事の沙汰どもありて、-にえまかり出でずして/今昔 31」 → とみに

とん【頓】

( 名 ・形動ナリ )
急であること。にわかであること。また、そのさま。 「 -に成就ある様に祈て/太平記 36
にぶい・こと(さま)。とんま。 「織介は-にして/洒落本・卯地臭意」
〘仏〙 教法の理解や修行などの段階的な深化を経ることなく、一挙に悟りに到達すること。 ↔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【天台宗】より

…すでに5世紀の初め,クマーラジーバ(鳩摩羅什)が漢訳した《法華経》に基づき,智顗が著した注釈書の《法華玄義》と《法華文句》および《摩訶止観》の3部を根本聖典とする。9世紀の初めに,伝教大師最澄が入唐し,智顗より7代目の道邃と行満について宗旨をうけ,比叡山に延暦寺を創して日本天台をひらくが,最澄は,天台法華宗のみならず,達麿系の禅,円頓戒,密教という,同時代の中国仏教をあわせて,奈良仏教に対抗する新仏教運動の根拠としたため,日本天台は中国のそれとかなりちがったものとなる。とくに密教を重視する後継者によって,智証大師円珍を祖とする園城寺が独立し,天台密教の特色を発揮する一方,鎌倉時代になると浄土宗,禅宗,日蓮宗など,新仏教の独立をみるのは,いずれも日本天台の特色である。…

※「頓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頓の関連キーワード埼玉県上尾市五番町陶朱猗頓の富安井市右衛門膂宍の空国安井九兵衛神霊矢口渡ゆうでく円実頓悟頭曼単于円頓戒壇頓証菩提雪山鶴曇里邨昌億円頓戒来合ふ一日経戒和上道頓堀太平記円頓教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頓の関連情報