頼富実毅(読み)よりとみ じつき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼富実毅 よりとみ-じつき

1846-1916 明治-大正時代の僧。
弘化(こうか)3年生まれ。真言宗。11歳で出家し佐伯旭雅,雲照,竜暢に師事。また漢学藤沢南岳(なんがく)にまなぶ。讃岐(さぬき)(香川県)本山(もとやま)寺の住職となり,明治44年権(ごんの)大僧正,大正2年京都勧修寺(かじゅうじ)門跡(もんぜき)。高野山大,本山寺五重塔の建築などに尽力した。大正5年6月21日死去。71歳。讃岐出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android