コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼富実毅 よりとみ じつき

1件 の用語解説(頼富実毅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼富実毅 よりとみ-じつき

1846-1916 明治-大正時代の僧。
弘化(こうか)3年生まれ。真言宗。11歳で出家し佐伯旭雅,雲照,竜暢に師事。また漢学を藤沢南岳(なんがく)にまなぶ。讃岐(さぬき)(香川県)本山(もとやま)寺の住職となり,明治44年権(ごんの)大僧正,大正2年京都勧修寺(かじゅうじ)門跡(もんぜき)。高野山大,本山寺五重塔の建築などに尽力した。大正5年6月21日死去。71歳。讃岐出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼富実毅の関連キーワード植物病理学アロー号ブロッホ歴史小説ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇森庄一郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone