コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逮夜 たいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逮夜
たいや

大夜などとも呼ばれ,元来葬儀前夜をさしたが,現在では,年忌などの前夜のことをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐や【逮夜】

仏教で、葬儀の前夜。また、忌日の前夜。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいや【逮夜】

葬儀の行われる前夜。また、忌日の前夜。 「けふは川田甕江が一周年の忌日の-にて、子鷹より招状ありてゆく/日録 学海

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逮夜
たいや

大夜とも書き、宿夜(しゅくや)とも称す。大夜とは大行(だいぎょう)(死のこと)の夜をいう。また一昼夜を六時(日没(にちもつ)、初夜、中夜、後夜、晨朝(じんじょう)、日中)に分けて、日没時ともいう。逮の原義は「明日に及ぶ」という意味で、今日では前夜の意味に転用され、葬式、年忌(ねんき)法要の前夜の意味に用いられている。[藤井正雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

逮夜の関連キーワード葬送儀礼のことば河内屋与兵衛八尾(市)女殺油地獄逮夜参り川田甕江日没時題目講久宝寺浄興寺逮夜経御会式仏教涼み宿忌弁長日印

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逮夜の関連情報