額銀(読み)ガクギン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 定められた額の銀貨。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「額銀の外に銅を用ひて代物替へするなどいふ事出来て」
② 江戸末期、天保八年(一八三七)発行の天保一分銀の俗称。表面が額縁様で、中央に「一分銀」と額面が表示されている。額判。額。
※人情本・春情花の朧夜(1860頃か)二「紙に捻って額金一つ、『こりゃア今日のお茶代だ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android