コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天保金銀 てんぽうきんぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天保金銀
てんぽうきんぎん

江戸幕府が天保年間 (1830~44) およびそれ以降に鋳造,発行した金貨銀貨総称。新鋳したものに天保二朱判,五両判,天保一分銀があり,改鋳したものに大判,保字小判 (→小判 ) ,保字一分判,保字銀があり,その他増鋳もあった。品位の低下がみられたが,大判だけは慶長大判と変らなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

天保金銀【てんぽうきんぎん】

江戸時代,1837年―1843年(天保8年―14年)に鋳造された金銀貨。天保の大飢饉後の物価高騰,幕府財政破綻状況のもとで,財政補強のための改鋳。五両判・小判一分金丁銀豆板銀・一分銀は文政(ぶんせい)金銀より品質を改悪し,莫大な改鋳益金(出目(でめ))を非常用に備蓄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぽうきんぎん【天保金銀】

江戸時代,天保年間(1830‐44)に発行された金銀貨幣の総称。幕府は財政改革の目的をもって1837年に金銀貨の改鋳を行い,天保五両判,天保小判,天保一分金,天保丁銀・豆板銀,天保一分銀を造り,翌38年には天保大判を鋳造した。これらの天保金銀は文政金銀に比べて改悪されているが,天保大判のみは例外で,良質の慶長大判・享保大判と量目・品位とも同じものであった。そのため天保吹増大判とも呼ばれる。天保大判は大判座後藤家16代の後藤方乗のときに鋳造された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんぽうきんぎん【天保金銀】

江戸時代、天保年間に鋳造された金銀貨。二朱金・五両判・大判・小判・一分金・一分銀・丁銀・豆板銀がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天保金銀
てんぽうきんぎん

天保期(1830~1844)に江戸幕府が発行した金貨・銀貨。二朱判、一分金、小判、五両判、大判、二朱銀、一分銀、丁(ちょう)銀、豆板銀などがあるが、大判を除き改鋳による品質低下をもたらした。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天保金銀の関連キーワード江戸時代額銀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android