コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天保金銀 てんぽうきんぎん

6件 の用語解説(天保金銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天保金銀
てんぽうきんぎん

江戸幕府が天保年間 (1830~44) およびそれ以降に鋳造,発行した金貨,銀貨の総称。新鋳したものに天保二朱判,五両判,天保一分銀があり,改鋳したものに大判,保字小判 (→小判 ) ,保字一分判,保字銀があり,その他増鋳もあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんぽう‐きんぎん【天保金銀】

江戸幕府が天保3年(1832)から同9年の間に鋳造した金銀貨の総称。二朱判金・五両判金・小判金大判金一分判金一分銀丁銀豆板銀など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天保金銀【てんぽうきんぎん】

江戸時代,1837年―1843年(天保8年―14年)に鋳造された金銀貨。天保の大飢饉後の物価高騰,幕府財政破綻状況のもとで,財政補強のための改鋳。五両判・小判一分金丁銀豆板銀・一分銀は文政(ぶんせい)金銀より品質を改悪し,莫大な改鋳益金(出目(でめ))を非常用に備蓄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぽうきんぎん【天保金銀】

江戸時代,天保年間(1830‐44)に発行された金銀貨幣の総称。幕府は財政改革の目的をもって1837年に金銀貨の改鋳を行い,天保五両判,天保小判,天保一分金,天保丁銀・豆板銀,天保一分銀を造り,翌38年には天保大判を鋳造した。これらの天保金銀文政金銀に比べて改悪されているが,天保大判のみは例外で,良質の慶長大判享保大判と量目・品位とも同じものであった。そのため天保吹増大判とも呼ばれる。天保大判は大判座後藤家16代の後藤方乗のときに鋳造された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんぽうきんぎん【天保金銀】

江戸時代、天保年間に鋳造された金銀貨。二朱金・五両判・大判・小判・一分金・一分銀・丁銀・豆板銀がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天保金銀
てんぽうきんぎん

天保期(1830~1844)に江戸幕府が発行した金貨・銀貨。二朱判、一分金、小判、五両判、大判、二朱銀、一分銀、丁(ちょう)銀、豆板銀などがあるが、大判を除き改鋳による品質低下をもたらした。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天保金銀の関連キーワード民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度天保

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone