コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎関節症/顎関節内障 がくかんせつしょうがくかんせつないしょう Temporomandibular Arthrosis / Internal Derangement

1件 の用語解説(顎関節症/顎関節内障の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がくかんせつしょうがくかんせつないしょう【顎関節症/顎関節内障 Temporomandibular Arthrosis / Internal Derangement】

[どんな病気か]
 口を開けたり、閉じたりするときに、コキン、ガリガリという雑音がしたり、口を大きく開けることができなくなる病気です。顎関節の中に原因があったり、関節を動かす筋肉(咀嚼筋(そしゃくきん))に原因があったりするので、病変の部位によっていろいろなタイプに分けられています。
 顎関節の中には、線維性結合組織からできている関節円板があって、関節面の緩衝材(かんしょうざい)としての役割をはたしていますが、この関節円板の異常が原因となる場合があり、これを顎関節内障(がくかんせつないしょう)といいます。
[症状]
 あごの関節痛、関節雑音、開口障害がおもな症状ですが、もっとも多いのは、痛みです。
 顎関節内障は、痛みのほかに関節雑音と開口障害が著しいのが特徴です。
 咀嚼筋の緊張による痛みの場合は、雑音をともなうことはありません。
 また、顎関節症で腫(は)れたり、熱が出たりすることはありません。
[検査と診断]
 X線検査で病変がみられることが少ないため、症状の有無が重要です。
 顎関節内障は、症状のほかに、MRIによって関節円板の異常をみることが診断の決め手となります。
[治療]
 咀嚼筋の負担や痛みを軽くするために、鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)を使用します。
 顎関節内障では、薬物療法と並行して、咬合床(こうごうしょう)(バイトプレート)という義歯(ぎし)に似た装具を歯列の上にかぶせる治療を行ないます。
[予防]
 歯ぎしり、食いしばり、片側だけでかむ、かたい物をかむなどは、咬合(かみ合わせ)異常をおこして顎関節症をおこす原因となるので、これらの習慣をやめるように心がけることがたいせつです。
 抜けた歯のあとを放置したり、合わない義歯や充填物(じゅうてんぶつ)があったりすると、咬合異常の原因となるので、早く処置しておくことが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

顎関節症/顎関節内障の関連キーワード開け閉め開け閉てあんぐり薄目口を切る口を閉じる何心地不死身幕を開ける戸当り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone