コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎関節症/顎関節内障 がくかんせつしょうがくかんせつないしょうTemporomandibular Arthrosis / Internal Derangement

家庭医学館の解説

がくかんせつしょうがくかんせつないしょう【顎関節症/顎関節内障 Temporomandibular Arthrosis / Internal Derangement】

[どんな病気か]
 口を開けたり、閉じたりするときに、コキン、ガリガリという雑音がしたり、口を大きく開けることができなくなる病気です。顎関節の中に原因があったり、関節を動かす筋肉(咀嚼筋(そしゃくきん))に原因があったりするので、病変の部位によっていろいろなタイプに分けられています。
 顎関節の中には、線維性結合組織からできている関節円板があって、関節面の緩衝材(かんしょうざい)としての役割をはたしていますが、この関節円板の異常が原因となる場合があり、これを顎関節内障(がくかんせつないしょう)といいます。
[症状]
 あごの関節痛、関節雑音、開口障害がおもな症状ですが、もっとも多いのは、痛みです。
 顎関節内障は、痛みのほかに関節雑音と開口障害が著しいのが特徴です。
 咀嚼筋の緊張による痛みの場合は、雑音をともなうことはありません。
 また、顎関節症で腫(は)れたり、熱が出たりすることはありません。
[検査と診断]
 X線検査で病変がみられることが少ないため、症状の有無が重要です。
 顎関節内障は、症状のほかに、MRIによって関節円板の異常をみることが診断の決め手となります。
[治療]
 咀嚼筋の負担や痛みを軽くするために、鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)を使用します。
 顎関節内障では、薬物療法と並行して、咬合床(こうごうしょう)(バイトプレート)という義歯(ぎし)に似た装具を歯列の上にかぶせる治療を行ないます。
[予防]
 歯ぎしり、食いしばり、片側だけでかむ、かたい物をかむなどは、咬合(かみ合わせ)異常をおこして顎関節症をおこす原因となるので、これらの習慣をやめるように心がけることがたいせつです。
 抜けた歯のあとを放置したり、合わない義歯や充填物(じゅうてんぶつ)があったりすると、咬合異常の原因となるので、早く処置しておくことが必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

顎関節症/顎関節内障の関連キーワード耳痛の原因となる歯、口腔、あご、のどの病気

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android