コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願知 がんち

1件 の用語解説(願知の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

願知 がんち

1439-1527 室町-戦国時代の僧。
永享11年生まれ。浄土真宗。越前(福井県)荒井に領地をもつ武士であったが,蓮如(れんにょ)のもとで出家。寛正6年(1465)比叡(ひえい)山の衆徒が大谷廟堂をおそったとき,親鸞(しんらん)の墓や蓮如をまもったという。のち子孫により京都徳正寺の開山(かいさん)とされた。大永(たいえい)7年1月28日死去。89歳。俗名は井上遠仲。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

願知の関連キーワード木幡雅遠郡代春秋戦国時代箕外需糠規川宗策自山得吾昌地東洲周道楊富柳江

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone