コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧野王 こやおう Gu Ye-wang

4件 の用語解説(顧野王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顧野王
こやおう
Gu Ye-wang

[生]天監18(519)
[没]太建13(581)
中国,南朝の梁,陳の学者。呉 (江蘇省蘇州) の人。梁の大学博士,陳の国子博士となり,国史の編纂を総管した。博覧の学者で撰著も多いが,字書の『玉篇』は特に有名で,原本は散逸したが,唐,宋代に重修されて清代にいたるまで広く用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐やおう〔‐ヤワウ〕【顧野王】

[519~581]中国、南北朝時代の学者。呉(江蘇省)の人。字(あざな)は希馮(きふう)。南朝の梁(りょう)に仕え、博学で、経史・天文地理に明るかった。「玉篇(ぎょくへん)」30巻を撰。他に「輿地志(よちし)」「文集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こやおう【顧野王 Gù Yě wáng】

519‐581
中国,梁・陳2代に仕えた学者。字は希馮,呉郡呉(蘇州)の人。祖父,父とも梁に仕え,父は学者としても著名であった。幼いころから才能を認められ,長じては万能をうたわれた。陳になっても引きつづいて重用され,黄門侍郎・光禄卿,知五礼事となり,死後秘書監を,3年後には右衛将軍の官を贈られた。《玉篇》30巻,《輿地志》30巻等の著書があったが,いずれも原本が伝わらない。【尾崎 雄二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こやおう【顧野王】

519~581) 中国、南北朝の梁・陳の学者。字あざなは希馮きひよう。陳の国史編纂を総管した。字書「玉篇」、著「輿地志よちし」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の顧野王の言及

【文字学】より

…このあと,晋に呂忱の《字林》があって,同じく540部に分けたといわれるが現存しない。梁の顧野王(こやおう)の《玉篇》がこの系統をうけてはいるが,注解は本義にかぎらず,広く用例を古書に求めている点,後世の字書の注解に近い。 南北朝に入ると,インドの音韻学の知識が中国に紹介されるとともに,韻文の流行が字音の研究を促した。…

※「顧野王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

顧野王の関連キーワード関明霞何執中銭謙益皇侃藩儒范雎班婕妤下仕え子有女嬬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone