コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧野王 こやおうGu Ye-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顧野王
こやおう
Gu Ye-wang

[生]天監18(519)
[没]太建13(581)
中国,南朝の梁,陳の学者。呉 (江蘇省蘇州) の人。梁の大学博士,陳の国子博士となり,国史の編纂を総管した。博覧の学者で撰著も多いが,字書の『玉篇』は特に有名で,原本は散逸したが,唐,宋代に重修されて清代にいたるまで広く用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こやおう【顧野王 Gù Yě wáng】

519‐581
中国,・陳2代に仕えた学者。字は希馮,呉郡呉(蘇州)の人。祖父,父とも梁に仕え,父は学者としても著名であった。幼いころから才能を認められ,長じては万能をうたわれた。陳になっても引きつづいて重用され,黄門侍郎・光禄卿,知五礼事となり,死後秘書監を,3年後には右衛将軍の官を贈られた。《玉篇》30巻,《輿地志》30巻等の著書があったが,いずれも原本が伝わらない。【尾崎 雄二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こやおう【顧野王】

519~581) 中国、南北朝の梁・陳の学者。字あざなは希馮きひよう。陳の国史編纂を総管した。字書「玉篇」、著「輿地志よちし」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の顧野王の言及

【文字学】より

…このあと,晋に呂忱の《字林》があって,同じく540部に分けたといわれるが現存しない。梁の顧野王(こやおう)の《玉篇》がこの系統をうけてはいるが,注解は本義にかぎらず,広く用例を古書に求めている点,後世の字書の注解に近い。 南北朝に入ると,インドの音韻学の知識が中国に紹介されるとともに,韻文の流行が字音の研究を促した。…

※「顧野王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顧野王の関連キーワード篆隷万象名義康煕字典漢和辞典りょう南北朝虞世南総管辞典字書反切部首編纂博覧国史

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android