コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉篇 ぎょくへんYu-pian

6件 の用語解説(玉篇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉篇
ぎょくへん
Yu-pian

中国,六朝時代の梁の字書。顧野王の撰。 30巻。大同9 (543) 年成立。日本では古く「ごくへん」ともいった。原本は中国では散逸し,日本に一部分が残っている。 542の部首を立て,それらに1万 6917字を配属させ,各字につき反切による発音と字義を記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょくへん【玉篇】

中国の字書。30巻。梁(りょう)の顧野王(こやおう)撰。543年成る。「説文解字(せつもんかいじ)」にならって、字数を大幅に増加した部首分類体の字書。のち、唐の孫強が増補し、宋の陳彭年らが勅命により増補修訂した。顧野王の写本の一部は日本に現存。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくへん【玉篇 Yù piān】

中国,梁の顧野王が編集した部首別字書。30巻542部に分かれ1万6917字を収めたと唐の封演《封氏聞見記》文字にいうが,原本は滅んで,わずかの部分が写本として日本にのみ伝えられる。現在普通に《玉篇》というのは,原本に何回かの手が入った後,宋の陳彭年らによりさらに増補された《大広益会玉篇》で,これは日本でもよく用いられた。《倭玉篇(わごくへん)》などが作られたのもその余波である。なお江戸時代から明治にかけてよく用いられた毛利貞斎《増続大広益会玉篇》は検索も筆画順に改められた別書といっていいものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょくへん【玉篇】

中国の辞書。三〇巻または三一巻。梁りようの顧野王こやおう編。543年成立。字形により約一万七千字を五四二部に分類。原本「玉篇」は早く失われ、宋の陳彭年改訂の「大広益会玉篇」が広く用いられた。原本の写本のごく一部が日本に伝存し「篆隷万象名義てんれいばんしようめいぎ」を初めとする諸辞書に影響を与えた。ごくへん。

ごくへん【玉篇】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉篇
ぎょくへん

中国の字書。顧野王(こやおう)(519―581)撰(せん)。30巻。543年(南朝梁(りょう)の大同9)成書。1万6900余字を542の部首に分け、古字書の注解、古典での用例とその注釈等を引用して文字の意味、用法を詳しく示す。『説文解字(せつもんかいじ)』が字形と関連させて字の本義を説くのに対し、本書は実際の用法における字義の解説に重点を置く。部首も『説文解字』にほぼ拠(よ)りながら、部首の配列には意味のつながりを重視して検索の便を図った。このように現実的な優れた字書であったが、中国では散逸し、日本に一部分の古写本が伝わり、貴重視される。のち種々改訂本がつくられたが、中国に現存するものは、北宋(ほくそう)の陳彭年(ちんほうねん)らが勅命により撰した『大広益会玉篇』(1013)で、収録字を増したかわり、注解は大幅に簡略化された。[平山久雄]
『岡井慎吾著『玉篇の研究』(1933/再版・1969・東洋文庫) ▽小川環樹著「中国の字書」(『日本語の世界3 中国の漢字』所収・1981・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉篇の言及

【漢文】より

…そうした困難を緩和するものとして,〈類書〉とよばれる故事を集め分類した,いわば百科事典のごときものが利用された。古代においてもっとも利用されたものに《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》《初学記》があり,また小学書(漢字辞典のようなもの)と類書の性格を備えた《玉篇(ぎよくへん)》があった。この《玉篇》は,当該の漢字の字義を知ることができるとともに,その漢字が用いられた用例と出典をも知ることができるものであった。…

【辞書】より

…日本で編述した現存最古の辞書は空海の《篆隷万象名義(てんれいばんしようめいぎ)》30巻で,830年(天長7)以後の成立である。これは《玉篇》にもとづいて要約し,一部に篆書を併記してあるもので,漢字の字形から音や意味を引く辞書だが,漢文の注記だけで,和訓はない。菅原是善(これよし)(道真の父)の《東宮切韻(とうぐうせついん)》は847‐850年(承和14‐嘉祥3)の間に成立したといわれ,中国の14種の《切韻》を集成し,漢字を韻によって分類し,その音や意味をしるし,和訓はないようであるが,これも原本は散逸した。…

【文字学】より

…このあと,晋に呂忱の《字林》があって,同じく540部に分けたといわれるが現存しない。梁の顧野王(こやおう)の《玉篇》がこの系統をうけてはいるが,注解は本義にかぎらず,広く用例を古書に求めている点,後世の字書の注解に近い。 南北朝に入ると,インドの音韻学の知識が中国に紹介されるとともに,韻文の流行が字音の研究を促した。…

※「玉篇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉篇の関連情報