飛檐・飛簷(読み)ひえん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※延喜式(927)三四「工七十人 無飛檐者減七人
② 高くそり上がった軒(のき)。高い軒。飛宇(ひう)
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉初舞台「飛簷傑閣隙間なく立ち並びて」 〔張衡‐西京賦〕
③ 仏殿の内陣に接する両側の部屋。転じて、浄土真宗では、本山の法会でここにすわることを許された末寺の格式を示すのに用いる。
※俳諧・大坂檀林桜千句(1678)第三「春の海移りて青き畳割〈益友〉 ひゑん中間のひかりいさよふ〈本秋〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android