コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー ショクモツイソンセイウンドウユウハツアナフィラキシー

1件 の用語解説(食物依存性運動誘発アナフィラキシーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくもついそんせいうんどうゆうはつ‐アナフィラキシー〔シヨクモツイソンセイウンドウイウハツ‐〕【食物依存性運動誘発アナフィラキシー】

小麦製品や甲殻類など特定の食物を摂取した後に運動をすることで発症するアナフィラキシーじんましんなどの皮膚症状、下痢・嘔吐などの消化器症状を起こし、重症になると呼吸困難血圧低下・意識消失などを伴い、死亡する場合もある。10代の男性に多く見られる。発症の予防には、原因食物を摂取してから2時間(可能なら4時間)運動を控える必要があるとされる。原因食物を摂らなければ必ずしも運動を控える必要はない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食物依存性運動誘発アナフィラキシーの関連キーワード一日食物摂取量飢餓衰弱集団食中毒食物摂取食物特異体質食物不耐代謝性糞中窒素みかけの可消化エネルギーみかけの消化-吸収率ヴォーンの白血球減少指数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食物依存性運動誘発アナフィラキシーの関連情報