コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚森蔵 いいづか もりぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚森蔵 いいづか-もりぞう

1854-1893 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)7年6月2日生まれ。群馬県で小学校教員,校長となり,のち郷里の武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)下吉田村にかえる。明治17年井上伝蔵らと秩父事件を指導するが失敗,消息をたつ。明治26年12月23日愛媛県で死去。40歳。大正6年11月北海道白糠(しらぬか)のアイヌコタンで死去との説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飯塚森蔵

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:嘉永7.6.2(1854.6.26)
秩父困民党の幹部。明治17(1884)年田代栄助,井上伝蔵らと秩父事件を指導したが,まもなく敗走。事件後の消息については,大正6(1917)年11月北海道白糠のアイヌコタンで死亡したとの説もあるが,確証はない。<参考文献>新井佐次郎『秩父事件』

(寺崎修)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の飯塚森蔵の言及

【秩父事件】より

…11月1日結集地下吉田村椋(むく)神社に集まる前に農民は警官隊と衝突し,両者に2名ずつ死者を出した。神社において総理田代栄助,副総理加藤織平,参謀長井上伝蔵,甲大隊長新井周三郎,乙大隊長飯塚森蔵をはじめ村単位の小隊長など100名近くの役割表を発表し,菊池貫平の起草した軍律を発表した。軍律の自己規制はよく守られるとともに,隊編成,加藤の火薬や火縄の手配など組織化を強く印象づける。…

※「飯塚森蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

飯塚森蔵の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android