コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯富虎昌 おぶ とらまさ

1件 の用語解説(飯富虎昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯富虎昌 おぶ-とらまさ

?-1565 戦国時代の武将。
山県昌景(やまがた-まさかげ)の兄。甲斐(かい)(山梨県)の武田氏の重臣。武田信虎につかえるが,天文(てんぶん)10年(1541)板垣信形らとともに,武田晴信(信玄)を擁立して信虎を追放。信玄の信濃(しなの)(長野県)攻めに前線で活躍する。永禄(えいろく)8年8月信玄の長男義信の謀反計画に連座し自刃(じじん)した。享年は61,62歳といわれる。初名は信昌(のぶまさ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飯富虎昌の関連キーワード激・戦国無双戦国無双KATANA石原主膳猪子才蔵飯富昌景辻盛昌彦部晴直広瀬郷左衛門三科伝右衛門山県昌景

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯富虎昌の関連情報