コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯富虎昌 おぶ とらまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯富虎昌 おぶ-とらまさ

?-1565 戦国時代の武将。
山県昌景(やまがた-まさかげ)の兄。甲斐(かい)(山梨県)の武田氏の重臣。武田信虎につかえるが,天文(てんぶん)10年(1541)板垣信形らとともに,武田晴信(信玄)を擁立して信虎を追放。信玄の信濃(しなの)(長野県)攻めに前線で活躍する。永禄(えいろく)8年8月信玄の長男義信の謀反計画に連座し自刃(じじん)した。享年は61,62歳といわれる。初名は信昌(のぶまさ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯富虎昌の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝田村市都路イムディーナ鉛筆小野忠明ゲスナーコスピークワ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯富虎昌の関連情報