コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首斬浅右衛門 クビキリアサエモン

4件 の用語解説(首斬浅右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くびきり‐あさえもん〔‐あさヱモン〕【首斬浅右衛門】

江戸時代、将軍家の刀剣の試し斬りと処刑の執刀を世襲して行った山田浅右衛門の通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

首斬浅右衛門 くびきり-あさえもん

山田浅右衛門(やまだ-あさえもん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くびきりあさえもん【首斬浅右衛門】

江戸時代、世襲で斬首刑の執行と将軍家の刀の試し斬りとを行なった山田浅右衛門の通称。山田家の当主は、代々浅右衛門を名乗った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首斬浅右衛門
くびきりあさえもん

江戸時代、代々、将軍家の刀の試斬(ためしぎ)りと、首斬役人にかわり罪人の首を切った山田浅右衛門の通称。刀剣鑑定にも長じた家筋であった。遠祖に徳川家康の側室阿茶局(あちゃのつぼね)がいる。初代の浅右衛門を名のった貞武が寛文(かんぶん)(1661~73)の中ごろ据物(すえもの)斬り山野勘十郎に入門、師匠の没後、2代目吉時のころから将軍家の御様(おためし)御用となった。以来、吉継、吉寛、吉睦、吉昌、吉利と浅右衛門の名を継ぎ、試斬りを世襲した。また1881年(明治14)の斬首(ざんしゅ)廃止まで処刑の執刀役を勤めた。将軍家の御様は伝馬町牢(ろう)屋敷内で、処刑された庶民の死体に対し腰物奉行(こしのものぶぎょう)の立会いのもとに行った。ほかに、諸大名や旗本の刀も非公式に試した。死刑囚の斬首は、町方の首打同心の仕事であるが、刀の試斬りをしている関係で浅右衛門が行うに至った。7代目吉利は、吉田松陰をはじめ多数の勤王の志士を斬首してとくに有名である。浅右衛門宅では労咳(ろうがい)(肺結核)の薬を銀2分で売っていたといわれ、川柳(せんりゅう)の「泥坊の胆玉(きもったま)で喰(く)ふ浅右衛門」はこの間の事情を伝えている。[稲垣史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首斬浅右衛門の関連キーワード江戸払男髷在府宿預け江戸棚江戸詰め江戸味噌小江戸江戸野菜江戸時代の朝鮮通信使

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone