コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香米 においまい

1件 の用語解説(香米の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

においまい【香米】

インド型イネ系統の一種とされる米で,香りに特徴があることから,〈かばしこ〉〈鼠米(ねずみごめ)〉〈じゃこう米〉などとも呼ばれる明治時代までは全国的に栽培されていたというが,現在はごく一部の地域の特定農家で自家用に栽培しているにすぎない。1630年(寛永7)ころに成立したといわれる《清良記(せいりようき)》第7巻(親民鑑月集)に薫早生(においのわせ)とか香餅(においもち)とあるのが,文献にみえる最古のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

香米の関連キーワード阿国歌舞伎中国料理藍鼠蝦夷鹿Aソ連型インフルエンザウイルスA香港型インフルエンザウイルスコメノーロード型ファンドマイナスイオンハイブリッドライス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香米の関連情報