コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清良記 せいりょうき

6件 の用語解説(清良記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清良記
せいりょうき

軍記。 33巻。土居水也編と伝えられる。成立は寛永年間 (1624~44) ,延宝年間 (73~81) などの説がある。伊予国宇和郡大森城主土居清良の一代を綴った合戦記。第7巻が家臣松浦宗案作の農書で,合戦記としてよりも古い農書として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいりょうき〔セイリヤウキ〕【清良記】

近世の軍記物。伊予国宇和郡の戦国武将土居清良一代記。30巻。土居水也著。成立年代は戦国末から近世前期にかけて諸説ある。第7巻「親民鑑月集」は農書として著名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清良記【せいりょうき】

戦国末期の四国伊予宇和郡の土豪土居清良(1546年―1629年)の一代記を中心とする軍記物語。30巻。著者は土居水也とされる。第7巻は《親民鑑月集》と題され,松浦宗案(貞家)が土居清良の諮問に答える形式の農書で,1564年成立とされており,日本最古の農書といわれていたが,全体の著者も含めて疑問視されている。
→関連項目農書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいりょうき【清良記】

戦国末期,伊予国宇和島地方の土豪土居清良(1546‐1629)の一代記。30巻。全体は軍記物語であるが,第7巻が《親民鑑月集》と題されて,清良の農政上の諮問に対して松浦宗案が単に農政の心得だけでなく,土壌,作物の品種・栽培,肥料,農業労働等について詳細な意見を述べているところから,経済史・農業史の立場から《清良記》といえば,この巻をさし,かつ日本最古の農書として紹介されていた。ただし研究が進むにつれて,異本が多く,内容的にも問題が少なくなく,著者も1654年(承応3)に没した土居水也とされる等,その記載事項のすべてが戦国末期の農業事情を記述しているとは断定しがたく,むしろ近世農業への移行過程を示すものとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいりょうき【清良記】

江戸前期の軍記。三〇巻。著者未詳。伊予国宇和島の土豪、土居清良の事績を編年体で記す。第七巻に家臣松浦宗案の農事答申書を有し、日本最古の農書として著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清良記
せいりょうき

軍記物。伊予国(愛媛県)宇和郡地方の武将土居清良の一代記であるが、その巻7(親民鑑月集)が、とくに農業にあてられており、日本最古の農書とされる。著者は、松浦宗案とされていたが、近年土居真吉(さねよし)(水也)であることがわかった。成立の年代は明らかでないが、清良の死亡した1629年(寛永6)から、著者の土居水也の死亡した1654年(承応3)の間に書かれたものとされる。当時の農村の荒廃は甚だしく、農民の生産性を高めることが強く求められていた。そのための方策を、領主の問いに対して答えた形になっている。その内容はきわめて具体的で、技術だけでなく、経営のあり方についても、実例をもって指導している。[福島要一]
『徳永光俊他編『日本農業全集 10 清良記(親民鑑月集)』(1980・農山漁村文化協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清良記の言及

【伊予国】より

…宇和島藩の七種(ななくさ)連歌は仙台藩の伝統を継承し,江戸期を通じて盛行し,桜田千本(せんぼん)のような歌人を生んだ。宇和郡三間(みま)地方の小領主土居清良の一代記《清良記》は戦記物として知られるが,その第7巻〈親民鑑月集〉は,寛永初年に三間宮野下(みやのした)三島神社の神官土居水也が編纂した日本最古の農書といわれる。また,宇和島藩には井関盛英が編纂した《宇和郡旧記》(1681),《弌墅截(いちのきり)》があり,江戸初期の農事・文化水準の高さをうかがわせる。…

【三間[町]】より

…土居中に鎮座する清良(きよよし)神社は,戦国時代末期の当地の土豪で大森城に拠った土居清良をまつる。三島神社の神官土居水也の記したとされる,清良の一代を中心とした軍記《清良記(せいりようき)》は農書としても著名。曾根の天満神社で9月1日に催される花踊は,土佐の長宗我部氏に滅ぼされた歯長城主の霊を慰める踊りと伝える。…

※「清良記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清良記の関連キーワード宇和島市土居清良宇和島宇和島さんさ愛媛県宇和島市宇和津町愛媛県宇和島市御殿町愛媛県宇和島市丸之内愛媛県宇和島市三間町土居垣内愛媛県宇和島市三間町土居中松浦宗案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone