コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駄餉 だこう

1件 の用語解説(駄餉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だこう【駄餉】

本来は〈だしょう〉と読み,馬につけて送るかいばをいったが,平安・鎌倉時代以降は通常〈だこう〉〈だごう〉と読み,外出先での食事を指す語となった。上は貴族・将軍から一般武士・僧侶等まで身分ある者について広く用いられた語であるが,用例からすると,外出や従軍のさい持参する旅籠(はたご),腰兵粮(こしびようろう)や招待先の邸宅での正式の供応を駄餉と呼ぶことはなく,もっぱら旅行,行軍,巻狩,遊山などにさいして,宿所,仮屋,野営地など臨時の逗留地で取る食事を呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の駄餉の言及

【駄餉】より

…本来は〈だしょう〉と読み,馬につけて送るかいばをいったが,平安・鎌倉時代以降は通常〈だこう〉〈だごう〉と読み,外出先での食事を指す語となった。上は貴族・将軍から一般武士・僧侶等まで身分ある者について広く用いられた語であるが,用例からすると,外出や従軍のさい持参する旅籠(はたご),腰兵粮(こしびようろう)や招待先の邸宅での正式の供応を駄餉と呼ぶことはなく,もっぱら旅行,行軍,巻狩,遊山などにさいして,宿所,仮屋,野営地など臨時の逗留地で取る食事を呼んだ。したがって駄餉はその地に材料を運んで調理するものであり,みずからもうけるばあいはその従者(将軍なら御家人,一般武士なら所従ら)が,また客の供応の形で行われるときは招待側が事前に準備した。…

※「駄餉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駄餉の関連キーワード故実読み歌と読み国訓百姓読み差送る其れにつけても取読み読癖精進出し/精進出汁漬け出し

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone