コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駸駸 シンシン

デジタル大辞泉の解説

しん‐しん【××駸】

[ト・タル][文][形動タリ]
馬の速く走るさま。
月日や物事の速く進むさま。
「共に息災にして、―と繁栄に向かいつつある事であった」〈蘆花思出の記
「―開明の域に進む者あり」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしん【駸駸】

( トタル ) [文] 形動タリ 
馬の進みの速いさま。 「駿逸の良馬に牽かしむる所の一華車に駕し-として樹林の間を過る/八十日間世界一周 忠之助
時間・歳月などの早く進みゆくさま。 「歳月-たり」
物事の進行の早いさま。 「知識の進歩普及は-として秒時も止まらず/囚はれたる文芸 抱月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

駸駸の関連キーワード抱月駿逸